むち打ち症による様々な症状

交通事故直後は、何も感じなかったものの、数日経過するとめまいや吐き気などの不調を訴える方が多くいらっしゃいます。

むち打ち治療風景写真

事故から数日経っているので、原因を事故だと思わない方も多いのです。
事故時の衝撃で骨が歪んでしまい、その痛みが後になってから発症してくるケースは実はよくあることなのです。

またむち打ち症と一言でいっても、実際は様々な症状があります。
めまいや吐き気、身体の痛みだけではなく、鬱などの精神疾患として現れる場合もあります。
やはり、ご自身で判断なさらず、早めに治療を開始することが大切です。

交通事故によって起こる様々な症状

手技治療風景写真

交通事故による怪我は酷い外傷や骨折を連想される方が多いのではないでしょうか。

しかし、交通事故によって起こる怪我はそれだけではないのです。
特にむち打ちなどはめまいや吐き気などの症状を引き起こし、見た目にはわかりにくく、更に周囲にも理解されにくい為、精神的な負担を強いられてしまう場合が多いのです。

これらの症状は、MRIでもわかりにくく、不定愁訴として扱われてしまえば治療を諦めてしまう患者さんもいらっしゃいます。

しかし、これらの後遺症は、しっかり治療をすれば治るものも多いのです。
多くのケースでは事故によって骨格が歪んでしまっているので、歪んだ骨格を整え、更に圧迫された神経、または硬直した筋肉をほぐすことで不調を改善出来る場合も多くあります。

症状は、事故後にすぐに発症する場合もありますし、だるさ、めまい等は事故後数日経過してから発症する場合もあります。
「事故が起こったのは前の話だし、関係ない」と決め付けてはいけません。
該当される方は一度ご相談に来て下さい。

一度歪んでしまった骨は、事故後何年経過しても歪んだままですし、その影響で筋肉や神経も圧迫されるなど影響が出ます。
根気良く治療すればこれらは改善されます。

交通事故後の原因不明の体調不良でお悩みの方、是非やなせ4丁目はり灸整骨院までお越し下さい。

お問い合わせはこちら

やなせ4丁目はり灸整骨院。028-612-6618